ブログトップ
<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
e0296473_23474994.jpg

息抜きを兼ねて栞を作ってみた。

普段は文庫本等についている栞を使っていたのだけれど、当然気に入ったデザインの物などなかったので最近、これまた息抜きで描いているイラストを使って作成。

作り方はいたって簡単。
スキャナーで取込んだ画像を一般的な栞のサイズの枠にはめ込んで厚紙に印刷して、枠のラインにそってカッターでカットするだけ。

なんかいい感じなので持ち歩いていろいろな人に配ろっかな♪
[PR]
by place01 | 2012-11-26 22:46 | 日々のこと
冬の空
e0296473_23382855.jpg

風が冷たく凛とした冬の空
澄んだ空気はどこまでも景色を広げてくれる
今日も富士がとてもよく見える
[PR]
by place01 | 2012-11-24 23:38 | 日々のこと
TRANS ARTS TOKYO
e0296473_1040486.jpg

先週、隙間時間を使って神田で開催中の「TRANS ARTS TOKYO」へ行って来ました。
会場は解体作業が進行中の旧東京電機大学。
地下2階、地上17階の計19フロアが会場となっています。

様々なジャンルや世代のアーティストが集まった期間限定の展覧会で、期間中はフリーパスで(参加料500円)何度でも入場することができ、フロア毎にテーマが別れているので数回に分けても楽しめる内容になってました。
東京藝術大学のオープンスタジオもあったりして、作品制作の場を見れるだけでなく、アーティストと直接話をすることも出来ます。

この日は時間の関係で半分位のフロアしか見ることが出来ませんでしたが、魅力的な作品・アーティストにも巡りあえとてもいい刺激になりました。

会期が今週末25日までなので時間を作って残りも満喫してきたいと思います。
[PR]
by place01 | 2012-11-19 10:39 | 日々のこと
鶴見の家/素箱(スバコ)オープンハウス
e0296473_22594256.jpg

先週末に先輩で友人の事務所が設計した住宅のオープンハウスに行って来ました!
この住宅の名前は素箱(スバコ)。
コスト等の関係でいろいろなものを削ぎ落とし、床も壁も天井もシナ合板仕上げというかなり大胆でまさに素の箱といった住宅です。

間取りも間仕切りは出来るだけ少なく、建具も必要最小限に計画されていましたが、1、2階共に回遊できるプランで、小さなお子様には大人気であろうプラン。
小さなロフトもありちょっとした居場所がいくつもありました。
個人的にはシナ合板で囲われた空間は木の暖かみがあり、とても落ち着く空間でした。

床も壁も将来的にはフローリングを張ったり、塗装で仕上げたり、クロス仕上げにしたり自由自在です。
これからお施主さんが暮らしながらどのように変化させていくのかがとても楽しみだなと感じる住宅でした!!!
[PR]
by place01 | 2012-11-12 23:08 | 日々のこと
大人買い
e0296473_22493659.jpg

本屋さんに行くと何かしら買いたくなってしまうのですが、積ん読がたくさんあるので最近は我慢をしていたのですが、とうとう我慢できなくて買ってしまいました・・・
これでも欲しいと思ったものの中から選び抜かれたものですが。
もともと1冊を読むのに時間をかける方なので多くは読めないのですが、読みたい本はいっぱい。
速読を身に着ければ解決するのかもしれませんが、なんか早く読みたくは無いんですよね・・・
[PR]
by place01 | 2012-11-08 22:54 | 日々のこと
渋谷芸術祭
e0296473_04522.jpg

先週末のオープンハウスの後はちょっと寄り道してヒカリエでやっていた渋谷芸術祭 TRY&ERRRORへ。
9月に行った送別会の会場にあった壁画を描いた人達がライブペインティングをするということで観に行ってきました。
完成したものはいろいろと観たことはあったけれど、描いてるところを生で観るのは初めてでとても面白かったです。
他にもダンスとMTBのコラボパフォーマンスもあり、30分くらいしか観ることができなかったけどとても刺激的な一時でした!
[PR]
by place01 | 2012-11-03 00:07 | 日々のこと
オープンハウス
e0296473_23462030.jpg

早いもので今年も残すところあと2ヶ月となりましたね。
今朝から郵便局では街頭で年賀状の販売が始まっていました・・・

先週末は今年一緒にお仕事をさせていただいた建築家の田中さん/オープンヴィジョンのオープンハウスの見学に行ってきました。
他の事務所が設計したものを観るのは久しぶりだったので行く前からわくわくでした!

最寄り駅から徒歩すぐだったのですが外観が見えたところでテンションが更にアップ。
ちょっと気持ちを落ち着かせる為にも少し外から眺めてから中へ。

地下1階から地上2階までがRC造で3階の屋根が木造の混構造の住宅です。
7人+1匹の多世帯住宅で、1階から2階への階段が2ヶ所あり回遊することもできる構成で、小さな子供はきっと喜ぶだろうなと思いながらぐるり1周。

周囲の建物が近いこともあり2階まではどちらかというと開口も抑え目で守られた感じでしたが3階は一転し、周囲の建物があまり高くないこともあり長手方向にトンネル状になっていてとても開放的な空間で、ブログで工事中の写真を見てはいましたが思わずおぉっという声が。
他の見学者の人も同様に3階に上がってきた瞬間おぉっという声をだしていました。

腰壁から上が木構造の屋根となっておりとても暖かみのある気持ちのいい空間で、初めて訪れたのにもかかわらずとても落ち着く感じでお施主さんがとても羨ましく思いました。

やはり自分以外の人が設計したものを観ることはとてもいい刺激になるし、とても勉強になります。
純粋に建物を観るのが好きなのもありますが、今後も可能な限りいろいろ見学に行きたいと思います!
[PR]
by place01 | 2012-11-02 00:04 | 日々のこと