ブログトップ
天井について
e0296473_10173874.jpg

家づくりをする時によく頭を悩ませられることの一つに高さの問題があります。
用途地域が住居系の地域な場合には大概斜線規制等による建物の高さに制限がかかってきますし、
特に都内だと北側斜線によって3階が大きく斜めに削り取られてしまうことが多々あります。

通常であれば梁の下に天井を貼るのが一般的ですが、階高を押えても梁型を出すというちょっとした工夫で低さを感じさせないことができます。
梁をリズミカルに露出することで空間のアクセントにもなります。

写真は2枚とも梁の下で約2m、天井部分で約2.3mという高さですがそれほど低さは感じません。
特に寝室等の個室であれば十分な高さだと思います。
3階建ての場合は防火の関係上天井や梁をプラスターボード等で覆わなければならないのでコストアップとなってしまいますが、全体の高さを抑える意味では有効な方法です。

新築、リノベーション問わず、広さや高さ、大きさ等の見せ方はいろいろありますので少しずつ紹介していきたいと思いますので悩んでいること等ありましたらぜひ御相談ください!
by place01 | 2012-08-08 10:15 | 家づくりメモ